仮想通貨で億り人を夢見る男

仮想通貨界隈の動向/資産公開/学びのアウトプット

モバイルウォレット「GINCO」送金成功!

https://ginco.io/img/home/text_logo.png

 今回はモバイルウォレットGINCOへの送金を実際にやってみたのでその方法を記しておきます。

 

 やっぱり日本製で日本語なのが初心者にとっては一番安心できるところ。ただでさえ慣れない事をしているので海外製はドキドキするし緊張の連続なんですよね。

 

 

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。現在iOS版のみでAndroid版は近日リリース予定。

 

イーサ持ってないよ! 

 そうでした。GINCOの取扱い仮想通貨をどれも持っていないので調達から始めないといけませんでしたね。(使い方が間違ってるけどな)

 

※その後、予定通り18年4月中にビットコインが5月3日にはビットコインキャッシュが対応となりました。またライトコイン、モナコインが6月までに対応。その後18年Q3/Q4でリップルやネオ、リスクなどの主要通貨に対応するそうです。その時に私のコインも移そうかな。

 

それで取り急ぎビットフライヤーに数百円残っていたのでイーサを購入しておきました。

0.01ETHをね!

 

実際に送金してみた!

それでは実際にスマホ画面で説明していきますね。 いまさらでしょ資産にモザイクとか。。でもまあ、ね。

 

f:id:higeshige:20180403021241j:plain

まず、「ビットフライヤーウォレット」でイーサが入っていることを確認。(本当に0.01ETH笑。)「イーサ」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021242j:plain

入金」なのか「出金」なのか聞いてくるので「出金」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021229p:plain

送る先のアドレスが登録されていないと送金できません。「外部イーサリアムアドレスを追加」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021230p:plain

ラベル」と「イーサリアムアドレス」を記入します。「ラベル」は後でわかりやすいものがいいですよ。送り先のウォレット名にするとか、ですね。

そして「イーサリアムアドレス」。今の段階ではわかっていないので一旦ここで「ビットフライヤーウォレット」を閉じます。

 

f:id:higeshige:20180403021231p:plain

GINCO」アプリを起動すると最初はこうです。ここで「受け取る」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021243j:plain

QRコードとアドレスが表示されます。右下の「アドレスをコピー」をタップ。ここで一旦GINCOアプリを閉じて再びビットフライヤーウォレットを起動。

 

f:id:higeshige:20180403021244j:plain

先ほど消した画面がまた現れますので「ラベル」は適当に、「イーサリアムアドレス」はさっきビットフライヤーウォレットでコピーしたものを貼り付けます。それで右上の「保存」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021246j:plain

するとラベルが「GINCO」の宛先が登録されました。これをタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021245j:plain

すると、いくら出金するか聞いてきます。出金数量0のところをタップして金額を入力。

基本手数料として一律0.0050ETHかかります。」と書いてありますね。無料じゃなかった。。

 

f:id:higeshige:20180403021248j:plain

手数料0.005ETHを含めるのか含めない数量なのか分からなかったので、ひとまず含めた数量0.01ETHと入力。右上の「出金」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021249j:plain

確認画面がでますので出金数量など間違いないか確認しましょう。

よろしければ「出金を確定する」を意を決してタップ!結構緊張します。

 

f:id:higeshige:20180403021250j:plain

ざんねーん!一発目失敗。あーそうだったか、やっぱり手数料を差し引いた数量を入力するんですね。

 

f:id:higeshige:20180403021251j:plain

「0.005」と入力しなおして右上の「出金」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021252j:plain

さあ、タップしますよ。

 

f:id:higeshige:20180403021232p:plain

おー。なるほど。2段階認証ですね。よしよし。「認証アプリを起動する」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021253j:plain

GoogleのAuthenticatorが起動するのでビットフライヤーで登録してあるものをタップしてコピー。ビットフライヤーウォレットに戻ると既に認証番号が入っているので右上の「完了」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021254j:plain

外部送付を受け付けました」と出ました!成功したようです。

ドキドキが収まりませんが、本当に出金されたか見てみます。

 

f:id:higeshige:20180403021247p:plain

ホーム画面の左上メニュータブから「入出金」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021255j:plain

イーサ、ゼロになってまーす!成功しました。

 

さあ今度は「GINCO」ウォレットにはしっかり受け渡しができたのでしょうか?

 

f:id:higeshige:20180403021233p:plain

起動して、

 

f:id:higeshige:20180403021234p:plain

あれ?!入ってない!

 

あれ?違う所に送っちゃったか?

 

あのやっちゃいけないやつ、絶対戻ってこないやつやっちゃったかも。。。

 

f:id:higeshige:20180403021235p:plain

と思ってたら一番下に取引履歴が出てきました!

「手続き中」となってます。

 

f:id:higeshige:20180403021236p:plain

そして「処理中」へ。目線を上げたら、ほら、0.005ETH入ってる!

無事に送金が完了しました~。

 

初心者で小心者の私にこんなことが出来たのは、少額の0.01ETHだったからです。皆さんも大きな金額をやり取りする前に少額でやってみるのをお勧めします。

 

初心者のみなさん、ひとつ気を付けることがあるとすれば、手数料以上のコインでやるようにしましょうね。笑

 

バックアップの作成

送金完了の成功に酔いしれていると、何かのタイミングで(忘れた)、バックアップの作成を促して来ました。 

 

f:id:higeshige:20180403021237p:plain

右上の「次へ」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021238p:plain

紙とペンで記録して絶対に失くさないようにします。「確認しました」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021256j:plain

バックアップキーが出てきました。全部で12個。この順番も忘れてはいけません。記録が終わったら画面右上の「次へ」をタップ。

 

f:id:higeshige:20180403021239p:plain

参考に、面倒くさいからとスクリーンショットすると警告が出ます。スクリーンショット禁止!

 

でも一個前の写真、撮れちゃいました。これはアプリ上で撮影出来ないようにした方がいいと思いますよGINCOさん!

(危険なので私は削除済みです。)

 

f:id:higeshige:20180403021240p:plain

さて、これでひと安心です。

 

仮想通貨ライフ、楽しむぞー!

 

iOS版ダウンロードはこちらからどうぞ!Android版は近日リリース予定だそうです。

 

関連記事

GINCOを選んだ理由はこちら!

www.higeshige.com

 

GINCOは日に日に進化していますよ。

www.higeshige.com

 

では!