仮想通貨で億り人を夢見る男

仮想通貨界隈の動向/資産公開/学びのアウトプット

ICOを学んで投資の準備!詐欺を見極めるは難しい?

f:id:higeshige:20180414163129j:plain

まずIPOを知る

株取引の世界ではIPO(initial public offering、新規株式公開)といって企業が資金調達の為に公募価格を決めて上場前に売り出す仕組みがあります。

 

この公募価格は売れ残らないようにわざと安めに設定されていて、上場初日、株価が公募価格を上回ると投資家はここで利益を得る事ができる。

 

ただしどんな企業でも簡単にIPOによって資金調達できるわけではありません。株式を上場するには、取引所で定められた厳しい基準を満たす必要がありこれが大きな壁となっています。

 

通常、IPO株は証券会社に申込みをすることで入手できます。(抽選)

 

そしてICOを学ぶ

一方、ICOは initial coin offering、IPOに当てはめると、「新規仮想通貨公開」。株と同じような事を仮想通貨でやってしまおうというもの。

(initial=初期の、coin=仮想通貨、offering=売り出し、新規発行)

 

つまり事業体はトークンを発行して資金を調達することができます。取引所に上場することで値が上がり投資家は利益を得ることができます。

 

詐欺には気をつけろ!

f:id:higeshige:20180414233500j:plain

ただこの上場には株式上場のような明確な厳しい審査基準などがあるわけではないので詐欺まがいの危険なトークンも紛れ込んでいる可能性は十分あるわけです。

 

このICOで発行されるトークンというものがちょっとややこしい。

 

それはブロックチェーン技術によって改ざんされない信頼性のある証明書のような形で使われる場合と、実際にトークンを使ってものを買ったりサービスを利用できたりとトークン自体に価値を持たせて通貨のように使われる場合とがあります。

 

トークンについてまとめたのがこちら。

www.higeshige.com

 

前者は資金調達のためだけに発行されているのでトークンとしての使い道がはっきりしないものもあるようです。後者は初心者にとっては理解しやすいですよね。

 

とにかくトークンの目的や将来目指しているところなどしっかり確認していく必要があります。これらはトークン発行者が「ホワイトペーパー」として用意していることが多くICOでコインを見極めるための一つの重要な材料となります。

 

改めてICOはリスキーだ

どちらにしても上場すれば価値がついて、自己責任の中で運用していくことになりますが中には資金調達だけして上場せず行方をくらます詐欺野郎がいるそうなので、初心者がホワイトペーパーを読んだとしても見極めるのは相当難しそうですね。

 

詐欺か詐欺じゃないか見極めていかないといけない投資ってどんだけリスキーなの!? 

 

株は勧誘などで詐欺に遭うケースがあるといいます。悪い奴が儲け話があると言ってあっちからやってくるという感じ。ところがコインの詐欺は自分から悪い奴のところに取りに行ってしまう感じですよね。いつ自分の身に降りかかるかわかりませんが、本当に引っかかったら人間不信になりそうだなぁ。

 

全て自己責任です。

 

初めのうちは、無くなってもいいくらいの資金で挑戦してみるのが良さそうですね。

 

今度買った報告ができたらいいなと思います。

 

では!