仮想通貨で億り人を夢見る男

仮想通貨界隈の動向/資産公開/学びのアウトプット

【仮想通貨】DEXとは?セキュリティの高さは抜群!

f:id:higeshige:20180510182011j:plain

DEXとは?

仮想通貨界隈で気になる用語「DEX」を簡単に説明していきます。

  • 「デックス」と言いましょう。
  • 「Decentralized Exchange」の略です。
  • 「分散型取引所」と訳されます。

「分散型」というと分かりにくい。「非中央集権的」とか「中央管理者がいない」と言った方が分かりやすいかもしれません。DAppsと同じでブロックチェーン技術を用いているところが最大の魅力です。

 

中央管理者がいない取引所!

ブロックチェーン技術を使っているわけですから、

  • 中央管理者が不要で、
  • ネットワーク参加者全員で運用するのでデータの改ざんができず信頼性が高い。
  • 中央管理者がいないことで低コストで運用できる。

などなどメリットが大きい。

 

取引所は安全性が第一!

今ある多くの取引所は中央集権的取引所と言えます。中央の管理者がいます。そしていつハッキングに遭うかもわかりません。直近では仮想通貨取引所CoinCheckの570億円にも上る仮想通貨NEMの不正引出し事件がありました。ずさんな管理も指摘されて、その後金融庁がほかの事業者にも監視を強めて、多くのみなし業者が撤退に追い込まれたのも記憶に新しいですね。

 

取引所が攻撃されると被害は甚大です。それは取引所が全ての管理を任されているからで秘密鍵を盗まれたら仮想通貨はごっそり持っていかれてしまいます。 

 

そんなこともあったので利用者にとっては安全性が一番気になるところです。改ざんなどができない信頼性の高さをもたらしてくれるブロックチェーン技術は仮想通貨取引所という高度なセキュリティを求められるアプリケーションにとてもマッチしたものだったんだということがわかります。

 

管理者がいませんから、秘密鍵は顧客がそれぞれ管理することとなり、ハッキングされたとしてもその個人資産が盗まれるだけで済むわけです。

 

また取引所へのアカウント登録や、個人情報の提示など一切不要となり煩雑さもなくなります。

 

ウォレット上に取引する場所が設けられているといった感じなのかもしれません。

 

デメリットは?

まだ新しいカタチの取引所ですので、知らない人も多い。言い換えるとDEXでの取引自体が少ないという事にもなります。

 

またDEXの場合独自トークンがありますので、ビットコインでもなく円でもなく、独自トークンで購入する必要が出てきます。

 

DEXをご紹介!

イーサデルタ

https://etherdelta.com/

DEXとしては一番有名な取引所です。取引板を見ていただくとわかりますが取引が薄いので動きがありませんねえ。

 

クリプトハーバーエクスチェンジ

http://crypto-harbor.info/#top

色々ゴタゴタがあってまだ上場もできていないしもちろん取引所があるわけでもありませんが、ここも将来的にDEXを目指しています。日本発の日本初になるかもしれない!

 

まとめ

将来的に現在の取引所はこのDEXに代わっていくと言われています。今の課題は知らない人が多いということですから、もっと多くの人に知ってもらって使ってもらう(私も含めて)。そうすれば板取引がもっと活発になって、高いと言われている手数料も低くなる。よりみんなが使いやすいものになる!

 

管理者がいませんので使う側で広めていく努力をして行かないとダメってことなんでしょうか?

 

とにかく私も一度触ってみてどんなものか味わってみたいと思います。

 

では!