仮想通貨で億り人を夢見る男

仮想通貨界隈の動向/資産公開/学びのアウトプット

Bitbankで人気のripple(XRP)を安く買う?!

f:id:higeshige:20180327000627j:plain

リップルとは?

リップルは2004年から開発がスタート。リップル自体は仮想通貨ではなく「決済システム」のプラットフォームことを指しています。その中で使用される仮想通貨を「XRP」と呼んでいます。

 

決済システムの中で使われる仮想通貨なので表立って支払い通貨として流通するような性質のものではないのです。

 

ビットコインは実際にものを買えるようになりましたね。これはビットコインを「決済」に使っているということになります。一方XRPは、例えばそのビットコインでの「決済」の際の「送金」に必要な手数料として使われるものなのです。

 

現在このリップルの技術は認められて世界各国の金融機関に採用されはじめているようです。日本でもリップルの技術を利用してスマホ送金アプリが商用化されるということです。24時間365日即時送金が可能になるというからこれは便利なものになりそうですね。

 

そんなリップル(XRP)の時価総額は約2兆5000億円で第3位!(2018.3.28現在)

coinmarketcap.com

 

価格はこの時点で約63円。結構有名なのにお手軽ではないですか?!やってみようと思います。

 

どこなら安く買えるのでしょうか?

モナコインを持っている私にとっては都合のいい取引所がありました。

それはBitbankです。(ほかにも取り扱っているところはたくさんあります)

 

Bitbank

ここはビットバンク株式会社が運営している取引所でサービス開始時期が不明ですが会社は2014年5月設立です。調べた限りでは今まで大きなトラブルがあったことは無いようですね!

 

 <bitbank>

 

扱っている仮想通貨は下記6種類。

  • ビットコイン
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン
  • ビットコインキャッシュ

アルトコインが手数料の安い取引所で取引できるのがいいですよね。私が利用しているビットフライヤーの取引所はビットコインのみでアルトコインの取扱いがありません。

 

まとめ

リップルのことを調べてみたら、世界で評価されているし、その技術を活用して日本でも即時送金アプリが開発されたり(しかも金融機関61行も参加してるプロジェクトなんですよ)とますます今後が楽しみな仮想通貨に思えてきました。

 

アップルのアップルペイにリップルのシステムが使われることが決まったということで価格がグッと上がっています!

 

目が離せません。

 

では!